自立を支援する介護と介護予防 正吉福祉会の特別サービス

自立を支援する介護

安心・安全な暮らしの実現

入所介護サービスも在宅介護サービスも、ご利用者のADL(日常生活動作能力)向上や認知症の症状改善のために、「自立支援介護理論」に基づいた「自立支援ケア」を行っています。実施するケアの内容は『水分摂取、食事摂取、適度な運動、自然排便』という4つの基本ケアです。

ご利用者を元気にすることを最終的な目標として、そのために、おむつを外す、再び歩けるようになるといった、ご利用者さま自身が元気になるケアを行います。

また、認知症ケアでは適切なアセスメント(情報収集)により認知症の周辺症状の原因を把握し、その解決のために統一したケアを提供します。

また、上記の基本ケアで症状が落ち着つくことも多くあります。

自立のための4つのケア

毎日1500mlの水分摂取

人間は1日2500~2800mlの水分を体外に排出することが必要です。食事以外に1日に1500ml以上の水分補給が目安になります。

1日1500Kcalの食事

寝ているだけでも1200Kcalを消耗します。「バランスよく食べること」が、活力に結びつき低栄養を防ぎます。

歩くことは体力づくりの基本

パワーリハビリとあわせて、歩行可能な方は屋外の散歩、困難な方も歩行補助具などを用いて、毎日歩くことを支援します。

トイレでの排泄

不要な下剤は使用せず、上記のケアとともに繊維質の多い食物を摂取することで、安全なトイレ環境での生理的な排泄を目指します。

認知症についても適切なアセスメント(情報収集)により認知症の周辺症状の原因を把握し、その解決のために統一したケアを提供します。また、上記の基本ケアで症状が落ち着かれることも多くあります。

パワーリハビリテーション

日常生活に必要な動作と行動意欲を改善

府中市立よつや苑では高齢者の自立を支援する効果的なプログラムを導入しています。

高齢者向けの5機種のトレーニングマシーンを利用し、普段使わない筋肉を動かすことで、安定した身体の動きや、全身の協調性を向上させて、身体が忘れかけた日常生活動作を改善していくトレーニングです。お風呂よりも身体への負担は少ないので、安心して気持ちよく運動できます。

日常生活に必要な動作と行動意欲を改善します。機能訓練指導員の指導の安全なもとで行う、安心安全なトレーニングです。

体幹系1

腹筋の運動を促し、体幹機能の向上を目的とします。

上肢系1

上肢の運動を通して、胸郭、背部への運動を促します。肩の動きや円背の改善を目的とします。

下肢系1

膝関節や股関節の安定性と協調性を高め、立ち上がりや歩行などの向上を目的とします。

下肢系2

座った状態で安全に低負担で、上下肢の動きのバランスを整え、歩行の安定性の向上を目的とします。

バイオステップ

_

自立を支援する事例紹介

K様 93歳 女性 要介護度5 認知度Ⅲa

重介護度でも自立性を回復できる一貫した自立支援ケアの実践。声かけにも反応がない状態から、おしゃべりと笑顔を取り戻すまで

自立支援ケアの経過

初日からおむつを外して、トイレ誘導と下剤の廃止。

トイレに座るために、水分、食事、運動等のケアを毎日の生活の中で行った結果、徐々に自立性が回復し表情にも笑顔が戻る!

入所時の様子

移動・食事全介助、排泄はおむつ(便・尿失禁)、水分摂取も全介助で600ml程度。

自立支援ケアの実施

パワリハビリテーションによる機能回復訓練。

6ヵ月後の様子

移動は歩行器、食事は自己摂取可能に回復。便失禁もなくなり、笑顔も戻り会話も成立。

サービス提供施設のご案内

※サービスについてのお問い合わせは、各施設へ直接ご連絡下さい。

府中市立よつや苑

〒183-0035 東京都府中市四谷3-66

きたざわ苑

〒155-0031 東京都世田谷区北沢5-24-18

まちだ正吉苑

〒194-0044 東京都町田市成瀬8-10-1

杜の風・上原

〒151-0064 東京都渋谷区上原2-2-17

_

_

介護予防

健康寿命を延ばして安心な暮らしの実現

「介護予防」とは、介護が必要な状態にならないよう、生きがいや自己実現のため、生活を見直し改善・向上していくことです。お元気な方も、気力や体力に衰えを感じている方も、住み慣れた地域で心身の健康維持・向上に取り組み、健康寿命を延ばしていただけるよう、ご相談に応じご支援いたします。

サービス内容とご利用について

各施設では介護保険サービスを受けていらっしゃらない65歳以上の方を対象に、教室や講座、サロン等をおこなっておりますが、その種類や内容は区市町村によって異なります。

ご利用ご相談は各施設へお問い合わせください。